お知らせ一覧

歯医者さんで子供に麻酔を受けさせても大丈夫?注意点は?


 
歯を削って治療を行うとどうしても痛みが出てしまうので、子供が歯医者さんを嫌がる理由の一つになってしまいます。
そのため、小児歯科では恐怖や痛みを和らげるために局所麻酔をすることがあります。
 
ただ、お父さんやお母さんの中には、子供のころむし歯の治療をしても麻酔まではしなかったという人も多いかもしれませんね。
自分が受けたことがなかったら、子供に麻酔をさせるのはちょっと不安に感じてしまうかもしれません。
 
麻酔を使った治療は、どんなときに行われるのでしょうか?
 
 

重度のむし歯ほど麻酔を使って治療をします

 
保護者の方の中には、子供のころにむし歯の治療をしても、麻酔はしなかったという方がいるかもしれません。
歯科治療で歯を削る場合、いつでも麻酔をするというわけではないのです。
むし歯が小さく表面近くだけであれば、基本的に麻酔をしないで治療を進めることができます。
 
ところが、むし歯は進行すればするほど根が深くなり、治療をするのが大変になってしまいます。
歯の神経(歯髄)に近いところを削れば、それだけ痛みも強くなります。
そのため、歯がボロボロになってしまった重度のむし歯では、麻酔をしてから治療を始めなければならないことがあります。
 
このような場合、表面麻酔を行なった後、電動式の注射針で歯茎に麻酔薬を注入します。
電動式の注射は圧力が均一にかかって針も細いので、痛みを感じにくいという特長があります。
 
麻酔は歯医者で良く使われているもので特に心配のないものですが、全身疾患やアレルギーの有無によっては、麻酔をしたことで重大な医療事故につながってしまうおそれがあります。
病気の履歴やアレルギーの有無は必ず保護者の方に確認しますので、ご協力をお願いしています。
また、あまりに病態が進行しているときは大学病院等を紹介するということもあるのでご了承ください。
 
 

麻酔をした後は食事に注意

 

 
麻酔の効き目は治療の後もしばらく続き、お家に帰ってからも唇や歯茎のしびれが残っています。
この間は口を上手く動かすことができないので、食べたものをこぼしてしまったり、口の中を噛んでしまったりすることもあります。
また、感覚が鈍いので口の中を噛んだり、やけどをしてしまったりしてもなかなか気がつくことができません。
 
ですから、麻酔をした後2時間くらいは食事を控えるようにしてください。
飲み物なら間違って噛んでしまう心配も少ないので、やけどをしないように冷たい水やお茶であれば問題ないでしょう。
 
また、子供はしびれや違和感があると、どうしても手で触れたり噛んだりしたくなってしまうものです。
刺激を与えすぎると腫れてしまうことがあるので、麻酔をした後は唇を噛んだり、手でいじったりしないように注意深く見守ってあげてください。
もし腫れたりした場合、すぐにかかりつけの歯医者さんに連絡してなるべく早く処置してもらいましょう。
 
麻酔をした後の過ごし方は、治療の後、必ず歯医者さんが教えてくれるので、ぜひ守って欲しいと思います。
逆に、わからないことがあれば遠慮なく聞いてください。
 
 

麻酔で治療をする前に、むし歯菌を抑えこむ

 
麻酔をすれば、確かに痛みは感じにくくなるかもしれません。
ですが、当院ではたとえ保護者の方が許可したとしても、お子さんが嫌がるのに押さえつけて治療をすることは決してありません。
 
まずは口の中を荒らしているむし歯菌を抑えこむのが先決です。
むし歯菌を抑えなければ、いくら怖がらせて歯を削っても、次々に再発してしまいほとんど意味がありません。
ですから、初期のむし歯リスクをしっかり調べて、それぞれの患者さんに合わせた予防プログラムを組み立て、最終的に定期的なメンテナンスを行うことがとても重要になってきます。
 
日頃から予防のために通院していれば、むし歯になる危険性も低くなりますし、むし歯になったとしても軽度のうちに対応できるので簡単な治療で終わらせることができるのです。
このような治療の流れをメディカルトリートメントモデル(MTM)と呼んでいます。
 
継続して治療に来てもらうためには、まずは歯医者さんを好きになってもらうことがとても大切なことです。
ですから、当院ではお子さんが診察室やチェア、そして歯医者さんに口の中を見てもらうことに慣れるまで、根気よく付き合います。
お子さんのむし歯の治療はぜひ当院にご相談ください。
 
 
当院の小児歯科ページはこちら
 
当院の無料メール相談・予約フォームはこちら
 

納得!歯科における矯正の方法と価格


 
歯並びの矯正治療は子供でも大人でも大きなメリットがあります。
いい歯並びは見た目の自信になるだけではなく、全身の健康の指標でもあるのです。
 
例えば、歯並びが良ければ歯みがきがしやすくなって大切な自分の歯を長持ちさせることにつながりますし、ご飯を良く噛んで食べるということも良い歯並びが土台にあります。
また、姿勢の良し悪しも歯並びと互いに深く関係しているのです。
 
それでは、いつから、どのようにして歯並びを矯正していくのでしょうか?
当院の治療にかかる費用も合わせて解説します。
 
 

子供の歯列矯正は2段階

 
当院では、子供の歯列矯正治療は早期発見と早期治療が大切だと考えています。
骨格が成長するのに合わせて軌道修正をすることで、大人になってから矯正を始めるよりも治療の負担を軽減することができるのです。
 
大人になるとあごの骨の大きさや形は決まっているので、外科手術をしなければ大きく形を変えることはできません。
一方、成長過程にある子供の骨格は、適切に対応して健全な成長を促すとバランスよく発育してくれます。
 
つまり、早期に治療を開始すれば問題の土台のところから改善していくことができるのです。
このように子供の成長を上手に活用した治療を「一期治療」といいます。
さらに思春期の成長期が終わるころからは仕上げとして「二期治療」が行われます。
 
 
「一期治療」
 
歯並びの問題が目立つ前から始めるのが一期治療です。
乳歯の時期や、永久歯が生えそろっていない子供が対象で、成長を軌道修正して、将来歯並びの問題が大きくならないようにすることが目的です。
 
一期治療の治療方法として、「床矯正」があります。
この時期の子供のあごの骨はまだ発育途中にあるので、口の中に専用の装置を入れることでバランスのいい方向への成長をサポートするというものです。
ワイヤーと組み合わせることで、歯を動かす矯正治療も同時に行うことができます。
 
また、姿勢や、口の周りの筋肉の間違った使い方といった生活習慣も歯並びに大きな影響を与えてしまう要因です。
ですから、「筋機能矯正」などの対応も必要になることがあります。
 
 
「二期治療」
 
永久歯が生えそろった子供が対象になるのが二期治療です。
二期治療は永久歯が生えそろわなければできない部分を整えて、完全な永久歯列に仕上げるのが目的で、固定式のブラケットを使うことで永久歯を動かします。
 
一期治療から行っている子供は、事前に問題を解決したことで軌道に乗って一期治療だけで終了となるケースもあります。
問題が残っていれば二期治療へと移ることになりますが、一期治療で大きな問題が取り除かれているので、抜歯をしなくても済むなどより良いゴールを目指すことができます。
 
 

小児矯正治療にかかる費用

 

 
実際の治療にかかる費用はどうなっているのでしょうか。
当院では、代表的な治療方法の各費用は以下のようになっています。
 
 
「一期治療の費用」
 
床矯正          280,000円
 
床矯正+部分ワイヤー   380,000円
 
筋機能矯正        498,000円
 
 
「二期治療の費用」
 
ワイヤー矯正             780,000円
 
ワイヤー矯正(床矯正からの移行)   680,000円
 
ワイヤー矯正(筋機能矯正からの移行) 300,000円
 
 
もちろんお子さんのあごの発達具合や歯の生え方などは人それぞれなので、それによって矯正の難易度も必要な対応も違ってくるものです。
ですから、歯並びの診断、CTによるあごの骨の診断、さらに姿勢、口や舌の位置、癖の有無、偏食の有無まで調べてから、最適な方法をご提案させてもらいます。
治療の進め方でわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。
 
 

成人矯正治療も健康管理の大切な要素です

 
また成長期を過ぎた大人であっても歯科矯正治療は受けることができます。
あごの骨の形や大きさは既に固まっているので動かすことができませんが、そこに生えている歯は一定の力で押し続けることで少しずつではありますが位置を動かすことができるのです。
 
大人になってからの歯列矯正は見た目を良くしたいという理由が多くなっていますが、冒頭で紹介したように、歯並びが良くなることでブラッシングがしやすくなり、歯周病やむし歯の予防につながるので、自分の歯を守ることにもなります。
歯科矯正をした後の人生をいい歯並びで過ごせるメリットを考えると、歯科矯正治療に遅すぎるということは決してありません。
 
成人矯正治療にかかる費用は、当院では以下のようになっています。
 
 
普通矯正          780,000円
 
クリア矯正(全あご)    880,000円
 
マウスピース矯正      690,000円
 
インコグニート舌側矯正   1,380,000円
 
 
最近では周りの目を気にせずに治療ができるといった理由から、目立ちにくい装置も人気です。
クリア矯正はブランケットが透明で目立ちにくいのが特長ですし、インコグニート舌側矯正は歯の裏側に装着するので表からは見えません。
また、取り外しができるマウスピース矯正という選択肢もあります。
治療期間・費用などご希望に合った治療方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。
 
 
当院の小児矯正ページはこちら
 
当院の無料メール相談・予約フォームはこちら
 

子供が歯医者を嫌がるとき、どうすればいい?


 
歯の治療は、大人でも苦手な人がいるほどです。
子供が嫌がっても、それは仕方がないことなのかもしれません。
 
ただ、むし歯は放っておいても自然に治ることはなく、それどころかどんどん悪くなって次に生えてくる永久歯にも悪影響を与えてしまいます。
子供のために早めに治療を始めてあげたいものです。
 
リラックスして歯の治療を受け入れてもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?
お母さん、お父さんに最初に試して欲しい“コツ”をいくつか挙げてみました。
 
 

子供に歯医者さんを好きになってもらうには?

 
子供にとって病院に行くのが苦手だというのは自然なことです。
なかでも、歯医者さんは歯を削ったり、息苦しかったり、痛い思いをしたりすることもあるので、大人は我慢できることでも子供にとっては大変です。
 
ですから、嫌がる子供を歯医者さんに連れて行くときには、なるべくリラックスした状態にしてあげることがとても大切なポイントになります。
子供のむし歯治療を始める際、まずは次のようなことに気をつけてみましょう。
 
(1)歯医者さんに行く時間帯は、体調の良い午前中がおすすめです。昼寝の時間や空腹時、さらに夕方の時間帯は機嫌が悪くなって嫌がりやすいものです。
 
(2)嘘をついて連れてくると、かえって嫌がる原因になります。連れてくる際、「見るだけ」「痛くない」とは言わないで下さい。その代わり、治療の後にはたくさん褒めてあげて下さい。
 
(3)待合室ではなるべくリラックスできるように、本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげたりして下さい。
 
また、素直に受け入れてもらうためには、イメージ戦略も欠かせません。
歯医者さんといえば、昔から子供にとって怖い場所の定番でした。
歯医者さんに行くのを嫌がるような場面はいつの時代の漫画にもよく登場しますし、子供を叱りつけるときに「歯医者さんに連れて行く」という人までいるようです。
 
このようなことで歯医者さんに対するネガティブなイメージが子供の中に出来上がってしまうと、実際に治療を受ける前から行きたくなくなってしまうのは明らかです。
本当に治療が必要なときに嫌な連想をしてしまわないように、「歯医者さんに連れて行く」を叱り文句にしないで下さい。
 
 

「親子で一緒に」がかなり効果的

 
実は、「お母さん(お父さん)が実際にやってみせる」のは、とても有効な方法です。
「お母さん(お父さん)がやっている!」というのが子供ごころをくすぐるようです。
 
ですから、まずはお子さんの治療を始める前に、お子さんの目の前で、お母さん(お父さん)が歯の検診やケアを受けてみせることをおすすめします。
できれば、お子さんは一緒の診察チェアに座らせ、間近で様子を見ることができるようにすると良いでしょう。
 
お母さん(お父さん)が一緒に治療を受けるのは、子供のむし歯を予防することにもつながります。
小さな子供では、親から子供へとむし歯菌が感染してしまう親子感染の可能性があります。
 
つまり、お母さん(お父さん)の口の中が汚れていて、お子さんに食べやすいように噛んだ食事を与えていたり、同じスプーンを使いまわしていたりすると、むし歯菌も同時に与えてしまうので、子供がむし歯になりやすくなってしまうのです。
 
このような親子感染の機会をなるべく減らすためにも、親子で一緒に検診や治療を受けることが望ましいのです。
 
 

大切なのは親子の信頼関係です

 
たとえ歯医者さんに怖いイメージを持っていたとしても、むし歯を治療するために歯医者さんに通うということは避けては通れません。
乳歯はどうせ抜けるからと放置すると、次に生えてくる永久歯のむし歯や歯並びにとても大きな悪影響を与えてしまいます。
 
子供を必要以上に怖がらせず、リラックスした状態で治療を受けてもらうためには、やはりお母さん(お父さん)の協力が欠かせません。
事前に歯の治療というものがどういうものなのかを良く話し合ってみるということも必要でしょう。
この際、次のむし歯を予防するために、正しいデンタルケアの方法を教えてあげることも大切です。
 
子供をたくさん治療してきた経験豊富な小児歯科の歯医者さんなら、子供が治療を受けたくなるような工夫をいっぱい知っています。
当院は、小さな子どもたちが怖がらずに楽しく通ってくれるような歯医者さんを目指しています。
 
わからないことがあれば気軽に相談してください。
 
 
当院の小児歯科ページはこちら
 
当院の無料メール相談・予約フォームはこちら
 

親から子供へ虫歯菌がうつるって本当?


 
虫歯が虫歯菌によって引き起こされていることは良く知られています。虫歯はミュータンス菌のような虫歯菌による感染病なのです。
ですから、生まれてすぐの赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいませんし、そのまま歯が生えてきても虫歯になることはありません。
では、どうして虫歯になってしまうのでしょうか?実は、生活を共にする大人たちから子供へと感染してしまっているのです。
 
歯が生えそろう3歳ころまでに虫歯菌の感染対策をすることは、その後の虫歯予防にとても効果的です。どのように防げばいいのでしょうか?
 
 

虫歯菌は親子間で感染する

 
病気が親から子供へと感染することを垂直感染といいます。
それに対して、夫婦間や友達同士で感染が広がることを水平感染といいます。
虫歯を引き起こすミュータンス菌は、代表的な垂直感染の例としてよく紹介されます。
虫歯がお母さんから子供へと感染することは十分考えられることなのです。
 
一般的に、私たちの口の中には善玉菌と悪玉菌を合わせて300~400種類の細菌が住み着いているといわれていますが、その割合は人によって異なります。
口の中に住み着いた細菌は、他の細菌を攻撃するたんぱく質を作って、いわば陣取り合戦を繰り広げているので、人によって勢力図は違うのです。
虫歯菌に感染する機会が多ければ多いほど、口の中にある虫歯菌は優位になって、数を増やしてしまうことになります。
 
虫歯の原因は免疫力や生活を取り囲む環境も大きく影響していますが、歯を溶かす酸を出すのは虫歯菌です。
虫歯菌の数は、虫歯のなりやすさに大きく関係しています。
 
 

対策が必要な「感染の窓」の時期とは?

 
ミュータンス菌は歯などの硬い組織の表面に付着するのが得意な細菌なので、乳歯の生え始めるころから感染が始まります。
この生え始めのころ(19ヶ月)から、歯が生えそろうまで(31ヶ月)の期間はとくに虫歯菌に感染しやすいので、歯科では「感染の窓」と呼んでいます。
 
親子での垂直感染を防ぐには、「感染の窓」が開いているこの時期、虫歯菌が口に入ってしまう機会を極力減らすように心がけることが大切なポイントです。
そうすることで、陣取り合戦の中での虫歯菌の居場所は小さくなり、子供が成長しても虫歯ができにくい口腔環境が整います。
 
 

大人と子供で食器を分けましょう

 
具体的にはこの期間、「食べ物の口移しや噛み与えをしない」、「離乳食の味・温度チェックを赤ちゃん用のスプーンで行わない」、「お箸やスプーンの共有はしない」といった対策をしましょう。
大人が使ったお皿やお箸にも虫歯菌は付着しているので、大人のお皿に一度入った食べ物を子供に与えるのも止めたほうが良いです。
 
このような対策を徹底させるためには、お母さんだけではなく家族全員の理解が欠かせません。
理由も知らせず食器の共有を避けることは、相手を不快な思いにさせるかもしれません。
一緒に食事をすることが多い祖父母などには、事前にきちんと「感染の窓」や垂直感染のことを話しておくべきです。
 
また、生活を共にする大人の口に虫歯菌がたくさんいると、それだけ子供も感染しやすくなってしまいます。
親子間の感染を防ぐために、周りの大人も虫歯の治療をしておくなどして、口の中をきれいに保つことを心がけることが大切です。
 
ただ、こうした対策を徹底することで虫歯菌の感染機会を減らすことはできますが、虫歯菌をまったくうつさないことはほとんど不可能なことです。
ですから、口に入ってしまった虫歯菌が増えてしまわないように、哺乳瓶に虫歯菌が好む糖分の入った飲み物(ジュース・スポーツドリンク・乳酸菌飲料など)を入れて飲ませないようにしたり、1日に何度も食事やおやつを食べる「だらだら食べ」をさせないようにしたりすることも心がけたいことです。
特に、「だらだら食べ」は子供の虫歯の大きな原因の一つになっているので、食事の後には必ず大人が歯みがきを行って、食事と食事の間に何も食べない時間をしっかり作るようにして下さい。
 
 

大切なのは親子一緒のデンタルケアです

 
子供の虫歯の治療では、「歯みがきをしなかった」「甘いものを食べ過ぎた」など、子供の方に原因があるように言われることもありましたが、実は周りの大人が口の中をきれいにして接してあげることが予防の上でとても大切なことなのです。
お母さんと子供のスキンシップはとても重要なことなので、まずはお母さんの口腔ケアが望まれます。
そして、完全に感染を防ぐことは困難なのであまり神経質にはなりすぎず、歯が生え始めたら正しい歯みがき習慣を身につけさせてあげましょう。
 
虫歯は一度なってしまうと、穴を埋めることはできても、元の健康な歯に戻すことはできません。
健康な歯を保つためには予防していくしかないのです。
虫歯菌に感染する前からの口腔ケアを徹底しましょう。
 
 
当院の小児歯科ページはこちら
 
当院の無料メール相談・予約フォームはこちら
 

ページトップへ戻る